スタッフ紹介

招聘教授

山ノ井 髙洋
やまのい たかひろ

博士(工学)

専門分野・研究概要

知能情報学、医用生体工学、生体材料学

略歴

  • 1979年北海道大学大学院工学研究科同専攻博士課程単修得満期退学
  • 1979年北海道大学工学部 文部教官助手
  • 1982年工学博士(課程 北海道大学)
  • 1984年フランス国ボルドー第1大学GRAI研究所 客員研究員
  • 1987年北海学園大学工学部 助教授
  • 1989年北海学園大学工学部 教授
  • 2019年北海道大学大学院保健科学院 客員教授
  • 2020年北海道大学大学院保健科学院 招聘教授

論文・著書

<著書・訳書>
1. 黒沢秀樹, 沖原匡, 山越憲一, 山ノ井髙洋:三次元有限要素法による頚椎および膝関節部脛骨の応力・変形解析,別冊整形外科18先端基礎研究の臨床応用, pp.157-161, 南江堂, 1990(分担)

2. 黒沢秀樹, 中嶋睦浩, 沖原匡, 山越憲一, 山ノ井髙洋:人工膝関節面圧分布計測システムおよび膝関節運動負荷システムの開発,別冊整形外科18先端基礎研究の臨床応用, 南江堂, pp.167-171, 1990(分担)

3. Takahiro Yamanoi, Hideki Kurosawa, and Ken-ichi Yamakoshi:An evaluation system for artificial knee joint operations by the use of CAE,Computer Application in Production and Engineering;Integration Aspects, pp.167-173. Elsevier Science Pub. 1991 (分担)
黒沢秀樹, 山越憲一, 山ノ井髙洋 訳

4. A. H. Burstein and T. M. Wright (原著):整形外科基礎バイオメカニクス, 南江堂, 1997

5. 佐藤淳, 山ノ井髙洋:地域における情報教育-小・中学校の現状と課題-,「北海道開発の視点・論点」, pp. 225-246, ぎょうせい, 1998(分担)

6. Takahiro Yamanoi, Kazuya Kubo, and Hiroshi Takayanagi:Difference of Shape Constancy in Upper and Lower Visual Fields,Current Oculomotor Research, Plenum Press, 1999(分担)

7. Takahiro YAMANOI, Toshimasa YAMAZAKI, Jean-Louis VERCHER, Elie SANCHEZ, and Michio SUGENO:Dominance of recognition of words presented on right or left eye -Comparison of Kanji and Hiragana-, Modern Information Processing, From Theory to Applications, Edited by B. Bouchon-Meunier, G. Coletti, and R.R. Yager, Elsevier Science B.V., 2006. (分担)

8. Shin-ichi Ohnishi, Didier Dubois, Hanri Prade, and Takahiro Yamanoi:A Fuzzy Constraint-Based Approach to the Analytic Hierarchy Process, Uncertainty and Intelligent Information Systems, Chapter 16, Edited by B. Bouchon-Meunier, C. Marsala, M. Rifqi, and R. R. Yager, World Scientific, 2008 (分担).

9. Takahiro Yamanoi, Yuta Fujiwara, Hisashi Toyoshima, Michio Sugeno, and Elie Sanchez:Comparison of Spatiotemporal Difference of Brain Activity Between Correct and Approximate Answer Choices on Addition, Uncertainty and Intelligent Information Systems, Chapter 19, Edited by B. Bouchon-Meunier, C. Marsala, M. Rifqi, and R. R. Yager, World Scientific, 2008 (分担)

10.T. Yamanoi, Y. Tanaka, M. Otsuki, S. Ohnishi, T. Yamazaki, and M. Sugeno:Spatiotemporal Brain Activities on Recalling Names Body Parts II, Recent Developments and New Directions in Soft Computing, Edited by Lotfi A. Zadeh, Ali M. Abbasov, Ronald R. Yager, Shanaz N. Shahbazova, and Marek Z. Reformat, Springer, 2014 (分担).

11. Isao Hayashi, Hisashi Toyoshima, Takahiro Yamanoi:A Measure of Localization of Brain Activity for the Motion Aperture Problem Using Electroencephalogram, Developing and Appling Biologically- Inspired Vision System: Interdisciplinary Concepts/ Marc Pomplun and Junichi Suzuki Eds/ IGI Global 2013 (分担).

12. Y.-J. Ryoo and T. Yamanoi (Guest Eds.):Special Issue on “Computational Intelligence and Its Application for Robotics”, International Journal of Humanoid Robotics, Vol. 14, No. 02, (2017).

13 T. Yamanoi, H. Toyoshima, H. Takayanagi, T. Yamazaki, and M. Sugeno:Discrimination of Electroencephalograms on Recognizing and Recalling Playing Cards—A Magic Without Trick, Recent Developments and the New Direction in Soft-Computing Foundations and Applications, Edited by L. A. Zadeh, A. M. Abbasov, R. R. Yager, S. N. Shahbazova, and M. Z. Reformat, (2018) (分担).


<主な研究論文>
1. 山ノ井髙洋ある三次相関係数の定義とそれによる3-way離散データの数量化:北海道大学工学研究科電子情報工学専攻修士論文(1976)

2. Takahiro Yamanoi, Masaru Shimbo, Yoshiharu Sato and Michiaki Kawaguchi: On the definition of three-way correlation coefficient, N. S., No.3, Vol. 33, pp.343-346, 1979.

3. Hiroshi Yasuda and Takahiro Yamanoi: On Curves in the Indicatrix Bundles over a Finsler Space, Tensor, N. S., No. 3, Vol. 33, pp.357-364, 1979.

4. Takahiro Yamanoi, Toshimasa Yamazaki and Michiaki Kawaguchi: On the interpretation of some visual illusion by a geometrical model of Riemannian spaces, Behaviormetrika 10, pp.77-85, 1981.

5. Yoshiharu Sato, Takahiro Yamanoi and Michiaki Kawaguchi: A bilinear model of factor analysis. Tensor, N. S., No. 1, Vol. 35, pp.58-62, 1981.

6 山ノ井髙洋: 錯視現象解明のための数理モデルとその視覚への応用, 北海道大学 研究科情報工学専攻博士論文(1981)

7. Takahiro Yamanoi, Tsukasa Kudo and Michiaki Kawaguchi: On the interpretation of some visual illusion by a geometrical model of Minkowski spaces, Tensor, N. S., No. 2, Vol. 37, pp.257-262, 1982.

8. Toshimasa Yamazaki and Takahiro Yamanoi: Some geometrical properties of constancies in visual spaces, Tensor, N. S., Vol. 42, pp.229-238, 1985.

9. 黒沢秀樹, 山越憲一, 山ノ井髙洋: 人工関節面圧測定システムの開発, 日本リューマチ・関節外科学会誌 8, pp.117-128, 1989.

10. Takamasa Oyama, Takahiro Yamanoi and Michiaki Kawaguchi: A mathematical model of perception with reference to peripheral vision and its application to Hermann grid illusion, Behaviormetrika 27, pp.101-113, 1989.

11. 中嶋睦浩, 黒沢秀樹, 山越憲一, 沖原匡, 安田和則, 金田清志, 山ノ井髙洋: 膝関節運動制御システムの開発-人工関節面圧分布計測への応用-: 整形外科バイオメカニクス, Vol.11 , pp.61-64, 1990.

12. 黒沢秀樹, 山越憲一, 山ノ井髙洋: サッカーOB選手頚部のX線学的変性変化と有限要素法によるその解析: 臨床スポーツ医学, Vol.7, No.5, pp.585-589, 文光堂, 1990.

13. 黒沢秀樹, 山越憲一, 中嶋睦浩, 沖原匡, 山ノ井髙洋: 中年サッカー選手の頚椎障害について-臨床的, X線学的及び生体工学的検討-, 日本整形外科スポーツ医学会誌, 9巻, pp.17-21, 1990

14. 沖原匡, 黒沢秀樹, 山越憲一, 山ノ井髙洋, 三次元有限要素法による脛骨内応力分布解析, 整形外科バイオメカニクス, Vol.12 , pp.61-64, 1990.

15. E. Uchiyama, K. Yamakoshi, H. Kurosawa, M. Nakagawara, N. Ohyama, T. Yamanoi, T. Sasaki, Measurement of Stress-Strain Relationship of Periosteum and its Local Difference, 整形外科バイオメカニクス, Vol.13 , pp.281-286, 1992

16. 渡部聡, 山ノ井高洋, 黒沢秀樹, 牧秀之, 山越憲一: 下腿骨の応力・歪変形解析-実験的検討と計算機シミュレーションとの比較-, 整形外科バイオメカニクス, Vol.13 , pp.287-290, 1992

17. 黒沢秀樹, 牧秀之, 内山英一, 山越憲一, 渡部聡, 山ノ井髙洋: 腓骨の力学的特性について, 整形外科バイオメカニクス, Vol.13 , pp.291-294, 1992

18. 山ノ井髙洋, 高柳浩, 小山隆正: 小型航空機および自動車操縦時の人間の眼球運動: 画像ラボ10月号, 第3巻, pp. 36-42,  日本工業出版, 1992

19. 内山英一, 山越憲一, 黒沢秀樹, 中川原実, 大山直樹, 山ノ井髙洋, 佐々木鉄人: 骨膜の力学的特性の計測とその骨付着時の歪みの検討: 日本臨床バイオメカニクス学会, Vol.14, pp.177-180, 1992

20. 古澤正三, 渡部聡, 山ノ井高洋, 黒沢秀樹, 山越憲一: 下腿骨の応力・歪変形解析 ( 第2報 ) -骨の粘弾性と計算機シミュレーション-, 日本臨床バイオメカニクス学会, Vol.14, pp.163-167, 1992

21. 渡部聡, 山ノ井高洋, 黒沢秀樹, 山越憲一: 脛骨コンポーネントの形状評価 -三次元有限要素法による下腿骨応力・変形解析-, 日本臨床バイオメカニクス学会, Vol.14 , pp.367-370, 1992

22. 黒沢秀樹, 山越憲一, 山ノ井髙洋: 下腿骨の力学的機能の解析と評価(I)-骨表面の歪み計測実験とCT画像の断面積測定による解析-, 整形・災害外科, Vol.36, No. 11, 1993.

23. 黒沢秀樹, 山越憲一, 山ノ井髙洋: 下腿骨の力学的機能の解析と評価(II)-三次元有限要素法を用いた計算機シミュレーションによる応力・歪み解析-, 整形・災害外科, Vol.37, No. 3, 1994.

24. 古澤正三, 山ノ井高洋, 黒沢秀樹, 山越憲一: 脛骨関節面荷重に対するヒト 骨の応力・歪解析, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, Vol.15, pp.221-225, 1994

25. 黒沢秀樹, 山越憲一, 山ノ井髙洋: サッカー選手の頚椎障害とヘディングの有限要素法解析, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, Vol.16, pp.37-40, 1995

26. 瀬戸謙介, 山ノ井高洋, 黒沢秀樹, 山越憲一: 下腿骨における海綿骨の力学的影響 -全下腿骨FEMモデルによる解析-, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, Vol.16, pp.203-208, 1995

27. 山ノ井高洋, 瀬戸謙介, 黒沢秀樹, 山越憲一: 人工膝関節コンポーネントの評価 ( 第2報 ) -三次元有限要素法による下腿骨内応力変形解析-, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, Vol.16, pp.423-428, 1995

28. 古澤正三, 山ノ井高洋, 黒沢秀樹, 山越憲一: 人工膝関節脛骨コンポーネント置換脛骨の応力解析 -3D-FEMによる骨セメント固定とセメントレス固定との比較-, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, Vol.17, pp.29-34, 1996

29. 高柳浩, 山ノ井髙洋: ファジィ論理とニューラルネットワークを用いたアスパラガスの形状判別, 日本ファジィ学会誌, Vol. 9, No. 3, pp.402-407, 1997

30. 古澤正三, 山ノ井高洋, 黒沢秀樹, 山越憲一: 骨セメント固定における脛骨コンポーネント形状の評価 -3D-FEMによる応力解析-, 日本臨床バイオメカニクス学会誌,Vol.18, pp.317-322, 1997.

31. 古澤正三, 山ノ井高洋, 黒沢秀樹, 山越憲一: 3D-FEMによる脛骨コンポーネント形状の評価-4種類のTCに関する歩行時の応力解析-, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, Vol.19, pp.387-392, 1998.

32. M. Ishii, T. Jitsukawa, T. Shimamura, A. Utsumi, M. Endo, T. Yamanoi: Effect of Placental Retention time and associated treatments on Reproductive Performance in Heavy Draft Horses, Journal of Equine Veterinary Science Vol.19 No.2, pp.117-121, 1999

33. Toshimasa Yamazaki and Takahiro Yamanoi: A Riemannian-Geometrical Model of Simultaneous Contrast Illusions and the Figural After-Effects on the basis of Depth efffectsBehaviormetrika, Vol. 26, No.2, pp. 183-205, 1999

34. M. Ishii,T. Shimamura,A. Utsumi,T. Jitsukawa,M. Endo,T. Fukuda,T. Yamanoi Reproductive Performance and Factors that Decrease Pregnancy Rate in Heavy Draft Horses Bred at the Foal Heat, Journal of Equine Veterinary Science Vol.21 No.3, pp.131-136,2001.

35. 斎藤正明,山ノ井髙洋,大西真一,山崎敏正: 両眼立体視の脳内情報処理過程  -事象関連電位の双極子解析による検討-, 医用電子と生体工学,Vol.39 No.4,pp.312-317, 2001.

36. Takahiro YAMANOI, Masaaki SAITO, Michio SUGENO, Elie SANCHEZ: Differenceof area of the brain for fuzzy and crisp calculation, Journal of Advanced Computational Intelligence, Vol.6, No.1, pp. 51-55, 2002.

37. Nguyen Thanh Thuy, Phan Duong Hieu, Takahiro Yamanoi: Some Preliminary Results on the Stableness of Extended F-rule Systems, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Information, Vol.7 No.3, 2003.

38. 池田望,中野倫仁,豊島恒,山ノ井髙洋,村上新治: アルツハイマー型認知症の両眼立体視, 老年精神医学雑誌,第16巻第11号, pp.1283-1291, 2005

39. 豊島恒,山ノ井髙洋,山崎敏正,大西真一: 時空間等価電流双極子電流双極子推定法によるRDS両眼立体視の脳内処理部位の解析, 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌),Vol.18, No.1, pp.102-110, 2006

40. Takahiro Yamanoi, Hisashi Toyoshima, Toshimasa Yamazaki, Shin-ichi Ohnishi, Michio Sugen, and Elie Sanchez: Micro Robot Control by Use of Electroencephalograms from Right Frontal Area: JACIII, Vol.13, No.2, pp.68-75, 2010.

41. Michio Sugeno and Takahiro Yamanoi: Spatiotemporal Analysis of Brain Activity During Understanding Honorific Expressions: JACIII, Vol.15, No.9, pp.1211-1220, 2011.

42. 林勲,豊島恒,山ノ井髙洋:Aperture問題における知覚認識とその脳内活動部位の推定: 知能と情報, Vol.22, No.5, pp.642-651, 2011.

43. Maiko Sakamoto, Hiromi Yamaguchi, Toshimasa Yamazaki, Ken-ichi Kamijo, and Takahiro Yamanoi: Performance of a Bayesian-Network-Model-Based BCI Using Single-Trial EEGs, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E-98-D, No. 11, p.p. 1976-1981, 2015

44. 山ノ井髙洋,豊島恒,大西真一,山﨑敏正,大西真一,菅野道夫: 画像認知・想起時脳波によるトランプカードの推定-トリックなしのカード当てマジック-,知能と情報,Vol.28,No. 3,p.p. 639-646,2016.

45. 山ノ井髙洋:BMI/BCIの研究の現状,計測と制御,第55巻,第2号,p.p. 107-113,2016.

46. 山ノ井髙洋:等価電流双極子推定法とそれによる視覚重野脳内処理過程解明,知能と情報,Vol.32,No. 2,p.p. 27-32,2020

講演・学会発表

<多数につき招待講演特別講演のみ>
2012年 第28回ファジィシステムシンポジウム特別講演

2014年 国際会議APRAM2014キーノート講演(北海道大学)

2014年 国際会議IEEGrC2014キーノート講演(北海道登別)

2018年 国際会議DISA2019招待講演(スロバキア,コシチェ)

2019年 国際会議CSML2019招待講演(中国武漢)

委員歴

2006年 第22回ファジィシステムシンポジウム実行委員長(北海学園大学)

2012年 国際会議ISCIIA実行委員長(北海学園大学)

2015年 公益法人山口正栄奨学財団 評議員

2016年 国際会議SCIS&ISIS2016実行委員長(北海学園大学)

2017年 国際会議ISIS2017実行委員長(Daegu, Korea)

2018年 公益法人山口正栄奨学財団 評議委員長

2019年 公益法人山口正栄奨学財団 理事

所属学会

日本知能情報ファジィ学会

IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers)

米国Neuro Science学会

カナダNeuro Science学会

電子情報通信学会

情報処理学会

生体医工学会

計測自動制御学会

日本行動計量学会

形の科学会等

受賞

2007年、2017年 知能情報ファジィ学会貢献賞受賞

2017年 韓国ISIS2017にて貢献賞受賞

2018年 知能情報ファジィ学会功績賞受賞

公的資金による研究

1. 科学研究費補助による研究
分担多数

2. 私立大学学術研究高度化推進事業「ハイテク·リサーチ·センター」プロジェクトにおける研究
「知的画像·言語情報処理システムにおける情報統合処理技術の研究開発」(分担)1998-2002.
「視覚·画像·音声·言語情報処理の高度化と知的計測制御技術への応用」(代表)2003-2007.

3. 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業プロジェクトにおける研究
「電磁·光センシングを主体とする生体関連技術の先進的計測·処理技術の開発と応用」(代表)2008-2012.

スタッフ一覧に戻る